知っ得ノウハウ IT機器の掃除方法

知っ得ノウハウ IT機器の掃除方法

IT機器のキーボードは薄いほど入力がしやすい

肩こりの原因としては、肩周辺の筋肉を動かさないことがあるようです。じっとして仕事をしている人は、肩を動かすことが少ないです。そのために肩周辺の筋肉を動かさず、血流が滞り、肩こりになるようです。一定時間置きに肩を動かしたりすると収まることがあるようです。この症状になりやすい人としては、事務作業をしている人です。デスクに座って、肩の位置はそのままで、指先だけを動かしています。一日中だと肩こりになってしまいます。

さらにキーボードの位置が影響することがあります。種類によっては一体の厚さがあります。そのとき入力するときはどのような体制になるでしょうか、手首を少し浮かせた状態になります。浮かせた状態とは、その部分に一定の力が入ってしまうのです。それが肩に影響することもあります。肩を動かさないことに加えて、手首の部分に負担が来ることで二重の負担で肩こりがひどくなってしまいます。それを解消する方法はあるかになります。

IT機器を利用するに当たっては、より薄いタイプを利用します。薄いタイプであれば、手首を浮かせる必要がなくなります。その分こちらに負担がかからなくなります。楽に入力が出来ます。これだけで肩こりが解消されるわけではないですが、入力自体は楽になると思います。薄いと言うときは、一番キーに近い部分になります。その部分が高いと浮かせる必要が出てくるからです。他の部分に関しては、多少高くなっていても問題ありません。