知っ得ノウハウ IT機器の掃除方法

知っ得ノウハウ IT機器の掃除方法

IT機器においてキーボードで少し反っているタイプ

パソコンで文字を入力するとき、手元を見て行うでしょうか。最初利用するときにどのように始めたかによって違うかもしれません。最初に見ながら行ってしまうと、その後も見る癖が付いていることがあります。一方、最初に見ないで入力する方法をマスターしておけば、その後は見る必要がなくなります。ちょっとした入力をするぐらいなら良いですが、大量の文字を入力するときは見ないで入力したほうが効率が良いです。入力の練習をするソフトもあります。

見ないで入力するときには、キーボードの位置を体で覚える必要があります。良く利用するキーは何度も使いますから、自然に覚えます。また、手も簡単に届くでしょう。一方あまり利用しないキーの場合、入力が上手くいかなかったり、そのままでは指が届かないことがあります。そのときは手の位置を移動させて入力しなければいけません。あまり入力しない文字なので大きな影響はないですが、それらもきちんと入力できると気持ちよく作業が進められます。

IT機器においては、機械的な利用での技術の向上もありますが、人が操作をするうえで利用しやすくなるような技術の向上もあります。ある商品では、少し反ったタイプが用意されています。反るとどのようなメリットがあるかです。フラットな状態よりも、キーの位置が近くなります。それまで入力しづらかったキーも簡単に入力することが出来るようになっています。日常的に入力をしていて、このキーの入力がしづらい場合には便利になるでしょう。