知っ得ノウハウ IT機器の掃除方法

知っ得ノウハウ IT機器の掃除方法

IT機器のキーボードでは深い入力感のあるもの

日本語は母音と子音とで構成されています。カナで入力するときはそれぞれを入力すればよいですが、ローマ字で入力するときは、一文字に付き2つのキーを入力することがあります。あであればAのみでよいですが、かの場合はKとAを入力する必要があります。このとき、Kの入力が完全でないとAだけが入力されてあが入力されたことになってしまうことがあります。またKが入力されてAが不完全なときはKだけが表示されて変な日本語になってしまいます。

入力をするときは、人それぞれキータッチの力の加減が違います。優しいキータッチの人もいれば、激しくカタカタ鳴らして行う人もいます。できればやさしく早く入力することが出来るものがよいです。このときは、IT機器におけるキーボード選びを行います。と言うのも、機種によってキーのやわらかさが違うからです。軽く押せば反応するものもあれば、しっかりと押さないと反応しないものもあります。自分の体に合わないものだと入力しづらくなります。

確実に入力をしたいと言うのであれば、軽く押すだけで深い入力感があるものが好ましいです。キーが軽いので、やさしく押しても深く入ってくれます。深く入ることで、確実に入力をすることができます。かを入力するときにKやAが抜けたりしにくくなります。注意としては、購入するときは実際にキータッチをしてからにします。インターネットで購入するときには、量販店などで実際に使用感を確かめてからにしたいです。同じメーカーでも入力感に違いがあります。